セミリタイアの記録

早期退職から、まもなく3年

このブログを始めてから3年と少し。新卒から勤めてきた会社を早期退職して、まもなく丸3年になります。アニバーサリーでもありますので、現在位置を確認しておきたいと思います。

■早期退職までの経緯

一応、一部上場企業で最後は管理職をやっていたので、そこそこ稼ぎはありました。31年間のサラリーマン生活は仕事にも恵まれ、全体として充実はしていたものの、管理職になってからの部下のマネージメントには苦戦。しかも、最後の2年間は広い意味でのリストラ担当だったため、急速にやる気を失っていきました。

『それだったら、自分が辞めよう』と決意。じっとしていれば、役職定年後も子会社に転籍したりして65歳まで働き続けられたと思いますが、会社を飛び出してしまいました。嫁さんの強い反対にあったものの、自作のパワポ資料で老後資金に問題がないことをプレゼン。なんとか説得して今日に至ります。(いや、未だに嫁さんからはチクチク文句を言われますが・・)

■会社を辞めてからの仕事

まさにこのブログに書いてきた通りです(当ブログのメインストーリーかもしれません)。ハローワークもダメ、DODAもダメ、ビズリーチはもっとダメダメ・・50代での再就職活動は想像通り、いや想像以上に苦戦しました。苦労して得た契約社員の仕事も肌に合わず、5か月ほど”地獄の日々”を過ごしました。

やっとのことでその会社を退職。次は、派遣の仕事にもターゲットを広げて仕事を探し続け、今の「女子大の情報システム担当」に巡りあいます。これは前々職の経験や自分の趣味を最大限に生かせる【天職】のような仕事で、本当にラッキーでした。待遇面だけが唯一の不満だったものの、今年の4月から直接雇用に切り替わったことにより、相当改善されました。

再就職後もバリバリのフルタイムで仕事をしているので、「これで早期退職か?」という定義の問題はあると思いますが、自分としては勇気をもって一歩を踏み出し、のびのびとやりがいのある仕事ができているので『セミリタイア後の第2の人生』だと感じています。

■退職金の資産運用

40代半ばから株取引や投資信託に手を染めていたので(・・FXはやりません)、ビギナーのつもりは全くなかったのですが、コロナよりもっと前に相場の下落で撃沈。株で300万円以上の含み損を抱えてしまいました。コロナによる相場のアップダウンでは、むしろかなり取り戻したのですが、まだ3ケタの含み損があります。

その一方で、「ひふみプラス」をはじめとする投資信託や、ウェルスナビ、iDecoは順調に伸びているため、株の配当金を含めてトータルでは「プラマイゼロ」ぐらいでしょうか? でも、まったく資産は増えてません。これに関しては、何をやってるんだかと忸怩たる思いです。

■今後の資金計画

幸いなことに2人の子どもたちはすでに独立し、マンションのローンも完済しているので、年金が受給できる年齢までたどり着けば何とかなる見通しです。当ブログではおなじみの【LPCF表】で定期的にシミュレーションを繰り返しています。

現時点では63歳まで働き続け、厚生年金に延長加入するとともに、嫁さんの国民年金も「任意加入」で満額にした上で、63歳から繰上げ受給する計画です。それまであと約6年!!(・・まだ、結構あるなぁ)

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

相場は落ち着いたかな?前のページ

最近、気に入っているもの二題次のページ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP