資産運用/収益プラン

結局のところ、投資信託か米国株!?

日本株に一時の勢いがないですよね~。日経平均3万円を突破し、含み損が100万円を切っていた私の日本株(約10銘柄)も、再びズルズルと含み損を拡大しています。

一方でNYに目を転じれば、史上最高値を更新ですよ。ダウにしろ、ナスダックにしろ、米国株さえ買っておけば間違いなかったわけです。コロナの克服度合いが違う・・ということでしょうかね。

ところが、私のリスク資産の中で、投資信託は総じて順調なんですよね~。コロナからの回復基調がしっかり反映されています。

楽天・バンガード・ファンド(全米株式) +10.67%
eMAXISプラス コモディティインデックス +11.23%
レオス・ひふみプラス +4.59%
iFree 8資産バランス +10.97%
iシェアーズ ゴールドインデックス +2.87%

 

そして、おなじみ「ウェルスナビ」は+13.89%、「iDeCo」も+10.78%と絶好調です!

ひふみプラスは、利益確定のために一度売却してしまってからの再参入なんですが、それでもしっかり増えていますね。個別株と投資信託でのこの成績の差はどう理解すればいいんでしょうか? 私の銘柄選びがヘタクソなだけという話はもちろんありますが、それはつまり投資信託のほうが『個人のセンスに左右されることなく、安定して収益を上げやすい』ということかもしれません。

個別株には「配当金」や「株主優待」という魅力もありますが、資産運用ビギナーはやはり投資信託から入ったほうがいいと思います。資産運用のメインとして投資信託に投じた上で、勉強のためにコツコツと個別株を損しても良い範囲で買ってみる・・これがビギナー、特に退職金運用におすすめのスタンスですね。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

最近の枝野さんはおかしい。前のページ

32年間かけられた「魔法の言葉」次のページ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP