早期退職後の仕事

残るべきか、去るべきか

派遣先との「直接雇用に切り替えるかどうか」の交渉はまだ続いています。派遣先は、直接雇用に切り替える方向で学内の調整を図っているようですが、こちらには肝心の条件提示がありません。これじゃあ、判断できないですよね~。

派遣会社を通じてお願いした希望額は「月給30万円」(賞与・退職金は無し)です。世間的にそんな無茶な要求じゃないと思っています。それでも先日の面接では『満額の提示は難しいと考えておいてください』と釘を刺されてしまいました。

希望額に満たない金額の提示があった場合(それもかなり下回った場合)、4月以降もこのまま残るべきか、それともここを去るべきか・・非常に悩んでいます。

組織運営や業務の進め方に若干の不満はありますが、仕事そのものにはとてもやりがいを感じています。人間関係や職場の雰囲気も悪くありません。正直ここを手放してしまうのは惜しい気がします。

ですが、給与体系は世間の相場から”並外れて低い”と言えます。早期退職後の”第二の人生”でもあるし、お金だけがすべてではない・・と思う反面、待遇も含めて『気持ちよく働けなければ、頑張れないし、いい仕事もできない』と感じる気持ちも強いのです。

特に、(前にも書いたと思いますが)私の今の仕事内容は、一般の事務職員ではなくエンジニアのそれだと考えているので、それに相応しい待遇をしてほしいという思いが強くあります。大学の財務的にそれができないというなら、やはり去るしかないかもしれないなぁ・・残念だけど。

遅くとも2月中には結論が出ると思っていたので、いまここで「辞めます!」となると、4月から一時的に無職になる可能性が高いです。それでもスジを通すしかないのかも・・。【エンジニアの意地】というヤツですね。無駄な意地です(笑)

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

認知症の父との会話前のページ

パソコンの家庭教師はじめました次のページ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP