早期退職後の仕事

分岐点

4月からの”時給アップ交渉”について、派遣会社の担当者から中間報告があった。私が希望している1400円⇒1600円の200円アップはかなり厳しい情勢で「100円アップの1500円が精一杯だと思う」とのことだった。

どう受け止めればいいものか・・。今の職場は決して居心地が悪いわけじゃないし、仕事の中身も自分に合っている。ただ、コロナ以降、業務内容が大きく変わって、あまりに忙しすぎる。業務範囲の広がり方も異常だと思う。2年前とは仕事の中身が全く変わってしまっているので、それに見合う時給がほしいと訴えているのだが、伝わらない。

来週中には正式な提示があるようだ。今月末までに、契約を更新するかそれとも終了して別の職場に移るか決めればいいので、少しだけ考える時間はあることになる。

試しに、久しぶりに派遣紹介サイトで募集中の仕事を検索してみると・・出るわ出るわ、私の仕事と内容的にはほとんど変わらないのに「時給1700円」の募集がズラリ!! 感覚的には、2年前より全体に時給がアップしてるようにも思える。

予想通りというか、Gigaスクール構想にからんで「小学校や高校のICTサポート職」の募集も出てくる。自分にとっての適職と言えそうだ。これだったらこんなに悔しい思いをしてまで、時給1500円で今の職場に残る必要があるんだろうか? 給与がすべてではないとは言え、なんとも切なくなってくる。

自分の気持ちが、少しずつ今の職場から離れていくのを感じる。きょうが分岐点かもしれない。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

次、行ってみよう!?前のページ

再び(三度?)就職活動へ次のページ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP