ライフスタイル

「選択と集中」より「日替わりヒーロー」

きょうはアーリーリタイアとは何の関係もない記事です。でも、とても面白かったので紹介します。

★なぜソニーは好調なのか?「選択と集中」という幻想(毎日新聞)

 

そう、いま自社が得意な分野だからと言ってそこだけに経営資源を集中することは、ある意味リスクでもあるのです。ライバルに負けなくても、時代の変化によってそもそもその事業が世の中に必要とされなくなるかもしれない。未来は誰にも予想できないのです。

余裕のあるときにヒト・モノ・カネを投じて、いかに「次の食い扶持」を見つけられるか。結局はそこなのかもしれません。未来は予想できないけれど、それでも「先見の明」は必要なのです。

次の食い扶持を見つけるための挑戦は、失敗に終わることもあるでしょう。それでも多様な人材が、自由な発想で挑戦を繰り返すことができるか・・そうした社風があって初めて、企業は成長を続けられるんじゃないかと思います。実名を出して申し訳ないですけど、ソニーとパナソニックの現在の格差はそこにあるような気がしてなりません。

シャープは、社内に優秀な人材も、自由な発想もあったのに、あまりに経営が下手すぎた。元シャープのエンジニアが他社に移ったり、新たに起業したりして輝いているニュースを見るにつけ、そう感じざるを得ません。もう少しなんとかならかったものかと思います。確かに、液晶のみに依存しすぎだったのかもしれませんね。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「キャリアを捨てるか、”一生後悔”を受け入れるか」前のページ

良いモノを、長く、大切に使いたい次のページ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP