税金/年金/保険

iDeCoの資料請求をした

日本株は、とんでもない状況が続いていて手が付けられないので(しばらくは何をやっても無駄?)、現実逃避してiDeCoの研究をしている。

最近、よく耳にするiDeCo=個人型確定拠出年金。皆様すでにチェック済みだろうか? 多くの企業で、もらえる年金は勤続年数など条件が同一ならみんな同額だった【確定給付企業年金】から、「給与とは別枠で会社がお金を出すので個人の責任で運用しなさい」という【確定拠出年金(401K)】(→DC年金と略すことが多い)に変わりつつあるが、これの個人版がiDeCoということになる。

確定拠出年金(401K)を受け取れるのは「60歳以降」というルールがあって、早めに会社をやめた私のような場合まだ受け取れないのだが、貯まった年金資金をiDeCoに移して60歳まで運用を継続することができる。運用でもっと増やしたいのはもちろん、iDeCoの掛け金分は全額所得控除になる税制上のメリットも見逃せない! 今後、再就職して給与収入が発生すれば、所得税・住民税、さらには公的保険料(健保負担金など)の額にも大きく影響してくる。

年金資金を「iDeCo」に移すのは決まりとして、ではどの金融機関を選べばいいだろう? もともと会社のDC年金はある信託銀行が運用管理していた。私たち社員は、その信託銀行が用意する金融商品の中から各自で運用する仕組みだ。もちろん、同じ信託銀行のままでiDeCoに移管することもできる。ただ、今は三大メガバンクを始め、地方銀行やネット証券各社などさまざまな金融機関が入り乱れて、顧客の争奪戦を行っている。調べてみると意外にも、金融機関によって毎月かかるランニングコストが大きく違うことが分かった。

私が参考にした『個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』(竹川美奈子 著)によると、ある地方銀行では毎月かかる手数料が642円(年額7,704円)であるのに対し、最も安いSBI証券や楽天証券では毎月167円(年間2,004円)で済む。わずかな差のように見えるかもしれないが、これが運用している何年もの間ずっと続き、手数料分は金融商品の購入額から天引きされるから馬鹿にならない。

もう1つ選ぶべき基準は、投資信託など「取り扱っている金融商品の豊富さ」ということになると思う。選択肢は多ければ多いほどいいので・・。私の場合、株も投信もほとんどすべて楽天証券を利用しているので、『iDeCoも楽天証券かな~』と思って取り扱い商品の一覧を見たら【ひふみ年金】がない!! いや、せっかくの積み立てで「ひふみ」が選択できないってのはあり得ないでしょう、ということで、iDeCoについてはSBI証券を選択することにした。

もちろん未来のことは誰にも分からないが、過去を見ても、現在を見ても、相場のいいときも悪いときも、「ひふみ」と対等に勝負できる投資信託は今のところ見つからない~。

SBI証券のiDeCo

iDeCoなら楽天証券

 

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. A社から給与の提示を受けた
  2. 「ソーダストリーム」で炭酸水ざんまい
  3. ある意味これが”本音”の面接かも?
  4. ようやく1つ面接が入った
  5. 【早期退職】 正式に会社を辞めました
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. 新たな仕事探し

    一次面接はなんとか通過!?
  2. 国内旅行

    急行『宗谷』の写真が出てきた
  3. 新たな仕事探し

    ついにハローワークデビュー!
  4. セミリタイアの記録

    厚生年金から国民年金への切替手続き
  5. 資産運用/収益プラン

    退職金 特別定期預金を巡る攻防(後編)
PAGE TOP