主張

これからは「右肩下がり」

これからは少子高齢化が当たり前の”既成事実”となって、この国の人口と経済は縮小していく。「右肩下がり」の時代がやってきたということだ。みんなで少しずつ貧しくなっていく。その「みんな」も少しずつ減っていく。寂しいけれど、それは【少子高齢化】に根本的な対策を打てなかったこの国の必然だ。

考えてみると、セミリタイアして現在派遣社員をしている自分の立場も、よく似ているな~と思う。これまで当たり前のように入って来ていた給料が少なくなって、手元の資産が減少していく。その事実を理解した上で、効率がよくて慎ましやかな「右肩下がり」の生活を作っていかなければいけない。

収入は大きく減っているが、支出だって減っている。まず、税金や社会保険(健保・年金など)の”引かれ物”は大きく減った。飲み代など交際費も限りなくゼロに近づいた。今年から年賀状も出さないつもりだ。【衣食住】に最低限必要なもの、加えて”価値がある”と自分で思うものだけにお金を使っていく。「右肩下がり」は生活の再構築、つまりリストラなんだろうな~。

政治家だって、「一億総活躍」とか「地方創生」とか出来もしない夢ばかり語らずに、『いかにゆっくり落ちていくか』『世界の中の清貧国ニッポン』を語れるような人が現れないものだろうか? やりようによっては、意外と楽しくて満足度の高い「右肩下がり」が出来そうな気がするのだが。

安くていいものを選びつつ、価値のあることのみにお金を使う、『右肩下がりライフ』を堪能したい。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「キオクシア」ってなんだ?前のページ

すげー、藤井聡太二冠のCPU次のページ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP