資産運用/収益プラン

悔しいけど、負けだな・・

コロナの影響を振り切って、そろそろ大きく上昇に転じるのではないかと期待している銘柄がありました。みな考えることは同じなのか、ここ数日大きく株価も戻していて、きょうの決算発表で大きく弾みがつくかと思いきや・・。

「今期の赤字確定 & 無配 & 株主優待見送り」・・魔の三連発でした。あすは10%は下げるんじゃないでしょうか? そもそも日経平均やTOPIXがここまで戻しているのに、未だに含み損が300万円近いとか、どれだけ銘柄選びがヘタかを実証してますよね~。もはや言い訳は何もありません。

その間、ほとんどの投資信託やiDeCo、ウェルスナビはしっかり黒字ですから。プロが運用する商品は、コロナショックがあっても、その後のV字回復の「風」をしっかり捉えて結果を残してるんですよ。ここまで差を見せつけられると、ぐうの音も出ません。


これまで、退職金で投資するなら「高配当の大型安定株」がいいとお伝えして来ましたが、それよりむしろ投資信託に絞ってプロに託したほうが勝率はいいんじゃないかと思うようになりました。投資信託ではボロ勝ちをすることは困難ですが、素人が手出しするより勝率はずっといいでしょう。(←もちろん、それでも元本割れのリスクはあり!)

きょうYouTubeで不思議な動画を見たんですよ。「91歳のじいちゃんが、投資で毎年1000万円近い利益を上げている。20年前に投資を始めたときの元手は50万くらいだった。それが今では数千万に膨らんでいる」というんです。自分ではほとんどお金を使わない人ではあるようでしたが・・。

驚いたことに、その投資というのが【投資信託だけ】だというんです。それもですよ、『投資信託っていうのは、毎月配当が出るからさ』・・それって、一般的には手を出してはいけないとされる「毎月分配型」ですよね?

どうやって、投資信託を選んでるかと思えば『それはさ、りそな銀行へ行って、窓口のおねーちゃんに相談するのよ』、えーっ!? ”絶対にやってはいけない”金融機関窓口担当者のおすすめ??

その91歳のおじいちゃんの口調は自信に満ちあふれ、とても説得力があります。個人投資家としては憧れる悠々自適な生活、貫禄、余裕、慈愛? とても作り話には見えません。


★月収100万円稼ぐ爺ちゃんと対談【お金を稼ぐ思考法】

 ↑ 当ブログがリンクしたせいではないと思いたいのですが、動画が「非公開」になってしまいました。批判したつもりはなく、むしろみんなに見てもらいたかったのですが・・残念です。


具体的に学ぶポイントはほとんどないんですけど(「日本のツボ」という投信名だけ?^^)、とにかくこのおじいちゃんの雰囲気に憧れますね。91歳でこれぐらい余裕綽々で、ここまで闊達であれば・・! 子どもや孫のためにポンとお金を出せるなんて、なんともカッコイイ。

でも、ホント投資というものが分からなくなりました。このじいちゃんのやってることは、一般的には「禁じ手」だらけなのに。ただ、投資先の分散だけは、きちんと実行されてるようでした。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

気がつけば ”23,600円”前のページ

努めて ”気持ちは明るく” & ”前向きに”次のページ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP