セミリタイアの記録

総資産額の減少するスピード

分かってはいても、総資産額が減っていくのは悲しいものです。早期退職から2年あまり。退職金を受け取った瞬間をピークとすると、かな~り残高は減ってしまいました。

60歳から企業年金や個人年金、63歳から厚生年金(繰上げ予定)を受け取るまで、総資産額が減っていく(=貯金を食い潰して生活する)のは想定内なのですが、それでも毎日フルタイムで働いてるのに資産が減ってくのはいい気がしません。

資産の減り方をLPCF表と照合してみると、大きな差はありません。概ね計画通りです。ただ、(交際費など自然に減るものを除けば)現役サラリーマン時代からほとんど生活水準を下げていないので、しばらくは毎年赤字になってしまいます。でもそれは、早期退職をするにあたっての嫁さんとの約束でもあります。

それ以外に、「波乗り投資法」や「ザイナスシグナル」など投資の失敗で抱えてしまった含み損が約300万円・・正直これがイタイです。私の不徳の致すところ。皆さん、くれぐれも”ナントカ投資法”にはお気を付け下さいね。

配当金が毎年25~30万円は受け取れるはずですし、下手に取り返そうとせず、じっと耐えるしかありません。まあ、この失敗のお陰で(?)60歳までは派遣でもいいから真面目に働こうという気になったので、案外よかったのかもしれません。かなり苦しい言い訳ですが・・。

それはともかく、『貯金が減っていく現実と付き合えるだけの強靱なメンタル』 が、早期退職者にはめちゃめちゃ重要ですね。ほぼ計算通りに進んでいても、これだけ不安になるんですから。解決策としては、以前から申し上げているように「LPCF表を何度も見て、現在の立ち位置を確認する」、これしかありません!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

またまたプログラム取引の弊害?前のページ

2年半前のブログを読み返してみる次のページ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP