波乗りトレード

【資産運用ログ】「波乗り投資法」の最終決算

今夜は、自己反省の念をこめて『波乗り投資法』(波乗りトレード)のお話です。

私が満を持して『波乗り投資法』を始めたのは、2018年の8月でした。それなりにしっかり勉強をして、自己トレーニングも積んで(←学校には通ってません)1年半取り組んで来ましたが、本日の「100株買埋」をもって終了としました。トータルでは42万円の損失・・まさに”死に金”でした。

成功して儲かる人もいるんだと思いますよ。でも、間違ってもシロートが気軽に飛びつくもんじゃない。それが私なりの結論です。「波乗り投資法」だろうがなんだろうが、予想が当たれば儲かるし、ハズレれば損をする。そういうことです。

「予想がはずれても大丈夫。予想なんかしなくても、いつのまにか残高が増える」・・そんなラクなものではありません。確かに、「買いポジション」と「売りポジション」を同時に持つので、株価の上昇局面でも、今のような下降局面でもどちらでも稼げるチャンスはあります。でも、逆に言えば予想がハズレればどちらでも損をします。つまりリスクも2倍です。

”往復ビンタ”を喰らうと、あっという間に損失額が増えますよ。しかも、信用取引が必須なので、借金に対する金利も払わなければなりません。よほど自信のある方以外は、手を染めない方がいいと思います。

月並みな表現ですが、高い授業料を払うことになってしまいました。もう信用取り引きはやめようと思います。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

理路整然とした人前のページ

「正規」と「非正規」の壁次のページ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP