セミリタイアの記録

公的保険料の天引きで所得税を損することがある

昨日、私の両親の確定申告を手伝ってきました。もちろんe-Tax(電子申告)です。そこで思わぬ盲点を1つ発見したので、記事にしておこうと思います。自分たちの世代に影響するのはまだ先ですが、忘れないように・・。

私の両親は、すでに2人とも80代なので立派な「後期高齢者」です。後期高齢者医療制度の保険料は、国民年金・厚生年金の支給額から天引きされるのがデフォルトみたいなんですが、ここで損をしている人が多数います! 結論から言うと、ここは「天引き」ではなく、「請求書払い」か「銀行引落し」にしてもらうべきです。

それはなぜか? 父と母でもらっている年金額が大幅に違うからです。母の年金額は小さいので、もともと非課税枠に収まっています。でも、母の年金から「後期高齢者保険料」が天引きされているので、母本人が自分で保険料を負担したことになってしまいます。

父は年金額が多いので、かなり所得税を取られています。本来、母の「後期高齢者保険料」を父が払ったことにすれば(←実際、それに近いのですが)、まるまる父の所得から控除できる金額なのです。確定申告すれば1万円以上取り返せるはずなのに、天引きが故に申告できないとは・・ザンネン。

天引きをやめるには何らかの申請が必要ですが、一手間かけても「請求書払い」か「銀行引落し」にしておくべきですよ。毎年1万円以上の差が付きますからね! 奥さまの保険料も、ダンナ様の銀行口座から自動引き落としするよう手続きしておけば完璧かもしれません。

まあ、今回の話は「外で稼ぐ夫+専業主婦の妻」だから起き得ることで、共働きが当然のこれからの若い人には通用しなくなるかもしれませんけどね~。でも、少なくとも我が家は思いっきり該当するので、忘れずに手続きしようと思います。皆さまも、ご両親の保険料支払いについて一度チェックされることをお勧めします。

<追記>おそらく「介護保険料」でも同じことが起きてます。これも天引き中止できるはず!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. この週末の過ごし方
  2. 【資産運用ログ】上なのか、下なのか・・
  3. JR北海道が5線5区間廃止の方針を発表
  4. 【資産運用ログ】ここから一押しあるのだろうか?
  5. ファイル復活!
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

にほんブログ村

アンケートモニター登録
  1. 主張

    なるほど、これが正しい姿だ
  2. ロカボ・健康

    改めて、糖質制限の解説書を読んでみた
  3. セミリタイアの記録

    FP深野康彦さんの「マネープランクリニック」
  4. 主張

    70歳や75歳まで年寄りを働かせる社会は正常か?
  5. セミリタイアの記録

    祝・ブログ開始から1周年
PAGE TOP