国内旅行

鉄道ファンに久々の「良いニュース」

私は何を隠そう、小学生の頃から全国の鉄道に乗りまくっていた”筋金入りの鉄ちゃん”ですが、最近は『ブルートレイン全廃』『ローカル線廃止』『相次ぐ災害による路線休止』など、溜息をつくしかない淋しいニュースばかりでした。もう、ずっとです。

ところが今週になって、久々にワクワクするような嬉しいニュースが飛び込んできました。JR西日本が来年5月のゴールデンウィーク明けから運行する【ウエストエクスプレス銀河】です!

もうずいぶん前に、JR西日本の社長が構想について語っていたのでなんとなく期待はしていたのですが、理想的な形で登場してくれました! 涙を流して喜んでいる鉄道ファンが多いのでは!?

なんと言ってもまず、「普通の人が乗れる夜行列車」であることが素晴らしい。新しい【銀河】には、もちろんグリーン車もありますが、特急料金だけで乗れる座席が基本で構成されているのです。『ななつ星』とか『四季島』とか『瑞風』とか、あんな金満中国人しか乗れないような、1回100万円とか何十万円とかするような列車じゃ意味ないんです。こういう”普通の夜行列車”を待ってました! JR西日本エライ!!

★ブルトレの思い出がよみがえる……! JR西日本の夜行特急「WEST EXPRESS 銀河」(ねとらぼ)
★「ウエストエクスプレス銀河」は破格の夜行特急。2020年5月8日京都~出雲市間でデビュー!(タビリス)
★117系ベース夜行特急 WEST EXPRESS 銀河 は伯備線経由 京都大阪―出雲市(鉄道チャンネル)

 

”普通の夜行列車”とは言っても、車両には工夫が満載です。サンライズ出雲・瀬戸の「ゴロンとシート」みたいなカーペット車あり、ファミリー向け個室あり、多彩なフリースペースもあり・・。寝台料金不要とのことなので、たくさんの人が乗ってくれるといいですね~。特に、若い人! 夜行列車のあの独特の雰囲気をぜひ体験してほしい。私なんて、確実に人生の一部になってますから・・。

JR西日本の公式のコメントかどうかはっきりしませんが、『駅の窓口できっぷが買える夜行列車』というフレーズがまたいいですね~。「あさかぜ」や「はやぶさ」の寝台を買うために、みどりの窓口に並んでたあの頃を思い出します。(いや、今でもサンライズ出雲はそうやって買うんですけどね^^)

【銀河】という名前も感涙ものです。かつて、東京~大阪間を走っていた『寝台急行列車』の名前が【銀河】でした。考えてみれば、こんなに夜行列車にふさわしい列車名もないですよね? 何回お世話になったかなぁ~。東京出張に無理やり使ったりしてました(笑) その歴史ある名前を引き継いでくれたというのも嬉しい限りです。

この【ウエストエクスプレス銀河】、来年5月からしばらくは「出雲市行きの夜行列車」として運行されますが、なんと10月からは「下関行きの昼行特急」として運行されるとか。こちらも楽しみですね~。「はと」「しおじ」「つばめ」の時代が蘇って来ます。

特に我が家は山口県に縁のある家なので、山口まで【銀河】で行ってみようかなぁ~。夜行も昼行もどっちも乗りたいです!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 【資産運用ログ】怖くて買えない
  2. 『含み損』とのつき合い方
  3. ちょっと面白い記事
  4. またまた大阪・梅田に新しい商業施設
  5. 『何もしない一人時間』
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. セミリタイアの記録

    今月の給与明細
  2. セミリタイアの記録

    SBI証券からiDeCoの申請書類が届いた
  3. 新しい仕事

    延び延びになってた次の仕事が決まりそう・・?
  4. 新しい仕事

    ようやく折り返し点に到達。
  5. 国内旅行

    鉄道ファンに久々の「良いニュース」
PAGE TOP