早期退職後の仕事

仕事が忙しい・・

1週間の仕事が終わって、ホッと一息です。しがない派遣社員なので、残業するといっても1時間半ぐらいなものですが、そのぶん密度は濃いですよ。その日に予定している仕事はなんとかその日に終わらせたいと思うから、もう必死です。時給以上の働きをしてるんじゃないでしょうか?

仕事の内容は、以前書いたように「女子大の情報処理教室にあるPCの管理」です。でも、単純作業かと言うとそうでもなくて結構なバリエーションがあるのです。

新学期に向けたインストールソフトの一新は【本来業務】ですが、先生方が購入したPCの環境構築をしたり、Wi-Fiルーターの設定をしたり、新しく導入されたタブレットPCにソフトをインストールしたり・・プリンタやプロジェクタの設定もあるので大忙しです。

それ以外に、離れた複数キャンパスで新たにWeb会議を行うための機器選定やテスト運用のお手伝いもさせていただきました。まあ、もちろん1つ1つはそれほどレベルの高い仕事ではないと思いますが、ほどほどにクリエイティブな面もあり、セカンドライフで引き受けるにはちょうどいい難易度だと感じています。

いい仕事に巡り会えたなぁ~と思いますが、問題点は派遣社員だから3年以上は続けられないかもしれないということ。でもこれはまあ、今から心配しても仕方ないですね。早期退職後の資金計画で言えば、このまま3年間きちんと月給を稼げれば、最悪その後は働かなくてもなんとかなるとは思います。そのときは、まあバイト生活かな?

あとは時給がもう少し上がれば・・というのはありますけどねぇ。せめて交通費だけでも支給があるといいのに。これは全派遣社員共通の願いだと思います。雇う側から見た「派遣費用」は人件費じゃないからかもしれませんけど、著しく不公平ですよ。

先日見たコラムで、ヨーロッパの国々では「非正規雇用の人々は、いつ仕事を切られるか分からないというハンディを抱えているため、時間給は正社員よりも高く設定されている」のを知って、ちょっと感動しました。これこそが『人権』とか『平等』ということですよね。

日本で『人権意識』っていうと、少年法や責任能力の有無で犯罪の加害者側が守られたり、プライバシーの侵害とか言って社会的地位の高い方が守られたり、明らかに歪んでいると思うのですが。弱い立場の人を守るための「平等思想」でなければいけないはず。日弁連にも、加害者ではなく、もっと被害者やその家族を守ってほしいものです。

完全に話がそれました(笑) でも、いろいろと考えることの多い秋の休日です。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【資産運用ログ】ついに22,000円台前のページ

「キャッシュレス・消費者還元事業」ただいま勉強中次のページ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP