セミリタイアの記録

iDeCoでまさかのトラブル!

『トラブル』はちょっと言い過ぎかもしれませんが・・・でも、トラブルと言えばトラブルです。昨日、国民年金基金連合会から郵便物が届きました。

中身は「個人型年金の記録について」。『ん?なんだって??』という感じのタイトルですが、読み進めていくとすぐに分かりました。「個人型年金へ申請した被保険者種別が相違しているため、掛金の引落しを一時停止させていただくことになりました」と書かれています。

iDeCoを開始したのは、元の会社を退職してブラブラしていたときだったので、当然ながら国民年金(1号保険者:無職または自営業)でした。ところが今月から厚生年金に再加入したので、届出内容と不一致になっているんだと思います。これは全く予期せず・・・迂闊でした~。

iDeCoの掛金は、サラリーマンが23,000円が月々の上限なのに対して、自営業者などの1号保険者は68,000円までOKです。当時の私は1号保険者ですから68,000円まで出資できたのですが、「再就職したら上限制限に引っかかるなぁ」と思ってちゃんと月23,000円にしたのです。ただ、手続きのことは全く考えませんでした。情報はそっちにあるんだから、それぐらい自動でやってよ(笑)

事務取扱の証券会社に連絡して、
「加入者被被験者種別変更届(第2号保険者用)」
「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」
の2点を提出せよ、とのことです。

2番目は”事業主の証明書”だから、雇い主であるリクルートスタッフィングに印鑑押してもらう必要があるってことじゃん、あー、めんどくさ。しかも、事務取扱であるSBI証券のページを確認したら、上記2点はWEB申請で請求できる一覧の中になく、コールセンターに電話しないといけないようなのです。平日仕事中に電話とかあり得ない。このあたりは、SBI証券イケてないですね~。ちょっとガッカリしました。

しかも、今回苦労して手続き完了してもですよ、派遣会社クビになったり職を変えたりしたら、その都度同じ手続きが必要ってことですよね。ほんとイケてないなぁ・・お互いもっとラクしようよ~。ネットの時代なのに!!

月々の掛金が出資できなくなっても、このまま運用はできるはずなので(=運用指図者になる)、手続きするのやめようかなとも思ったのですが・・。iDeCo掛金がそのまま所得控除になる魅力は大きく、夢の【税金ゼロ生活】にも影響しそうなのでここは頑張ることにします。

手続きがどうだったかについては、またこのブログで報告します!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 年末調整の時期がやってきた
  2. 【資産運用ログ】言ってることがみんなバラバラ
  3. やむを得ない理由で(?)ウォーキングを再開!
  4. まずはこの難局を乗り越えなければ。
  5. 技術者派遣業のビジネスモデル
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

にほんブログ村

アンケートモニター登録
  1. 主張

    あー、涙出てきた
  2. セミリタイアの記録

    退職にともなう保険の手続き
  3. セミリタイアの記録

    新しい健康保険証が届いた!
  4. 主張

    クルマを運転しないという『幸福』
  5. 資産運用/収益プラン

    退職金定期 第2弾 ~山口銀行の巻~
PAGE TOP