早期退職後の仕事

新しい職場に来て2か月が経った

いやはや、自分に合う仕事と合わない仕事でここまで「時の流れ」は違うものなのか・・。新しい職場に通い出して、もう2か月ですよ。ついこの間、着任のあいさつをしたばかりのような気がするんですが。

2か月と言えば、今年の2月~3月に歯を食いしばって通っていた草津の某P社(下請け:S●SK社)と同じ期間になったわけです。あの頃は、1日過ぎることにカレンダーに「×印」をつけて、契約期間が終わるのを息を殺して待ってましたから。いま考えても酷い職場でした。

仕事の中身よりも人間関係が最悪で。「自分に任される仕事の意味がまったく説明されない」「隣に座ってるのにメールでダメ出しが来る」「夕方5時に仕事の依頼があって、”今日中に”と指示される」「質問すると”言ってる意味が分からない!”とキレられる」・・あげだしたらキリが無いぐらい。

中には穏やかないい人もいたんですが、とにかく担当の社員がとんでもない人で・・。私の30年間のサラリーマン生活でも、ちょっと出会ったことのないタイプでした。なんどもリタイアしそうになりながら、当初の契約期間である2か月はなんとか耐え抜きました。3月末の解放感といったらそれはもう・・!

仕事の「合う・合わない」は、ホントに難しい問題ですよね。基本的には『この仕事は自分に合わない!』と感じたら、他の仕事を探して転職したほうがお互いのためだとは思うのですが・・。でも、探したからといって、自分にピッタリの職場が見つかる保証はない・・そうなんですよ! 私は今の職場が見つかってラッキーでしたが、それでも相当な時間と労力が必要でしたから。

それでも『これは違う!』『限界だ!』と感じたら、勇気を持って行動することをお勧めします。ただ、即 退社ではなく、他に出来ることがあるかもしれない。同じ会社のままでも、環境が変われば印象が全く違うかもしれませんよ。例えば、”社内転職”の道を探ってみる。上司が替わるタイミングまで少し待ってみる。そういう選択肢はあると思います。

それでもダメだったら・・? 会社の外には、まったく違う世界が広がっていることを思い出して下さい。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【資産運用ログ】まだまだ下げそう前のページ

「こんにちは」と「おつかれさま」次のページ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP