ライフスタイル

早期退職と「リフォーム」適齢期

ウチのマンションは、新築で入ってもうすぐ20年になる。昨年の震度6弱(大阪北部地震)にもなんとか耐えてくれたが、さすがに水廻りをはじめ、少しずつ傷みも気になるようになってきた。今のところ、どこにも引っ越さずこのまま永住するつもりなので、どこかのタイミングで一通りの内装リフォームは必要だと思う。

ただ、いざリフォームとなるとなかなかタイミングが難しい。退職金を手にした今が『適齢期』のような気がする一方で、まだ企業年金も個人年金もなくて収入が極端に少ない今、大きなお金を使っていいのか?という不安も頭をもたげる。悩んだ結果、ウォシュレットの調子が悪く、今にも壊れそうなトイレのリフォームだけを先行することにした。これだったら、それほどお金もかからないし、いろいろ練習にもなりそうだ。

この連休はショールームめぐりをした。トイレそのものの製品選びは、すでに1月から始めていてTOTOのショールームには2回も行って来た。リフォーム業者選びも、3社から相見積もりを取って最終段階。いまは嫁さんを中心に壁紙やら床材やらを選んでいる。

これまで全く知らなかったのだが、大阪だと「東リ」とか「サンゲツ」とかのショールームがあって、壁紙や床シートなど建築材料(?)の実物を見せてもらえる上に、サンプルまでいただけるのだ。もともとインテリアに興味のある夫婦なもので、この作業にすっかりハマってしまった。たかがトイレのリフォームなのに、壁紙のサンプルを20種類も借りて「こっちがいいけど、それも捨てがたい・・」といま2人で悩んでいる。

トイレが終わったら、キッチンや浴室、さらにはリビングのフローリングなど”大物”が控えている。トイレでこれだけ大騒ぎしているのだから、大変な作業になることは間違いない(笑)。ただ、冒頭の話に戻ってしまうが、いつにしよう? やっぱり60歳、それこそお金の心配がなくなって「完全リタイア」した後だろうか? 急いで結論を出す話でもないけれど、漠然とそんなイメージは持っている。

それにしても、今どきのトイレは進んでますよ~。ショールームでは驚きの連続でした。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. ここから運を呼び込むとすれば何が・・
  2. A社から給与の提示を受けた
  3. クレジット&デビットカード活用法(3)
  4. 韓国問題。
  5. 【資産運用ログ】上げるか下げるかの”分水嶺”
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. 資産運用/収益プラン

    これは一理ある。NISA非課税枠の活用法
  2. 新たな仕事探し

    リクルートスタッフィングに登録してきた
  3. セミリタイアの記録

    確定申告で約80万円戻ってくる!?
  4. ザイナス運用ログ

    【ザイナス運用ログ】 ひさびさの『勝ち』
  5. 新たな仕事探し

    ”居場所”があるということ
PAGE TOP