税金/年金/保険

マンションの固定資産税が高すぎる!

いやー、高い! なんぼなんでも高すぎる!!

連休に入る前に、自分が住んでるマンションの「固定資産税・都市計画税」納付書が届いていました。きょう2日は銀行営業日で窓口が開いてたので、真っ先に支払いを済ませてきました。どっちみち払わなきゃならないんで・・

しかしですよ。ウチのマンション築18年になるんですけど、毎年税額が少しずつアップしてるんですよ。なんでやねん!? 減価償却で下がるんと違うんかい!(すみません・・ついつい大阪弁になってしまいました)

木造住宅の場合、税法上の耐用年数は22年とされていて、完成から22年が経過すると税法上の資産価値はゼロになると、ものの本には書かれています。マンションは鉄筋コンクリートだから、減価償却のスピードが遅いのは理解できますが、せめて毎年支払う固定資産税は、ちょっとずつでも減って行ってほしいですよねー。逆に、毎年増えていくって、どういうこと??

ここ数年は「土地の路線価が上昇に転じた」とニュースで見ましたけど、あれは都心の商業地の話ですよね? ここ一般的な住宅地ですよ…。

去年どこかで見た資料で、バブル期に土地の価格がとんでもなく上昇して、これまでの基準で固定資産税を計算すると払えない人が続出してしまうので、「特別措置」を定めて上値を抑えた。その「特別措置」の影響で、今度は土地の値段が下がっても、税額はあまり下がらないルールになっている…これって本当ですか? ちゃんと理解できてないので、不動産の税制に詳しい方、ぜひ解説をお願いしたいです。

とにかく築18年の大阪のマンションで、固定資産税がほぼ16万円ですよ。せっかく持ち家なのに、毎月1万円以上もかかるなんて勘弁してほしいです。

これから特に、固定収入が見込めないセミリタイア生活に突入すると、マンション管理費や修繕積立金とともに、この重みはずっしり堪えそうです。

各種の「固定費」とどう対峙するかっていうのは、早期リタイア生活の大きなテーマではありますな~。ふぅー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 「ソーダストリーム」で炭酸水ざんまい
  2. これがいわゆる”雇用のミスマッチ”
  3. 関西に『KYK』(豚カツ)あり!
  4. ちょっと面白い記事
  5. Yahoo!ファイナンス『投資の達人』を5か月モニタして
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. 新たな仕事探し

    一次面接はなんとか通過!?
  2. 国内旅行

    そのうち「乗り鉄」としての本性も・・
  3. セミリタイアの記録

    SBI証券からiDeCoの申請書類が届いた
  4. 資産運用/収益プラン

    これがLPCF表の中身だ!(←やや大げさ?)
  5. セミリタイアの記録

    31年間の仕事がきょう終わった・・・
PAGE TOP