新たな仕事探し

「ITエンジニア」という呪縛

昨日の人材派遣会社の求めに応じて【ソフトウェア技術者経歴書】なるものをまとめてみた。この会社のお世話になることはまずないけれど、IT業界の標準フォーマットに自分の職歴を落とし込むとどうなるか、試しておきたかったので・・。

その1つ前に社長面接まで行った会社から首尾良く”内定”がもらえれば良いが、『残念ですが、今回は・・』となれば再就職活動は完全に振り出しに戻ってしまう。その場合、今後もIT業界で職探しを続けるべきなのか、甚だ疑問に感じるようになってきた。これまでの自分の業務経験から最も近いのがIT業界と考えていたし、生来のコンピュータ好きから言っても向いていると思っていたのだが、昨日の面接の感じでは業界から”お呼びでない”ことは確かだろう。

・・だとしたら、無理やりIT業界に首を突っ込むのが得策なのだろうか? 要はなんとか税込み年収300万が稼げればいいわけで、周囲に疎まれながら「使えないSE」になるよりは、例えばどこかの個人商店でも福祉施設でも「パソコンに詳しいおっちゃん」として仕事した方が幸せなのではないだろうか? またまた負け犬の遠吠え状態で恐縮だが、そんな気持ちが強くなってきた。

問題は、そんなふうにありがたがってもらえる会社をどうやってみつけるか、なのだが・・。いよいよハローワークの窓口で相談するタイミングなのかもしれない。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. ある意味これが”本音”の面接かも?
  2. 【資産運用ログ】結局、馬淵さんの予想通りになってきた
  3. さて、本日現在のまとめ
  4. 絶対おすすめの本 ~その1~
  5. 「ソーダストリーム」で炭酸水ざんまい
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. 新たな仕事探し

    B社からは「お断り」の連絡が・・
  2. 新たな仕事探し

    ついに「離職票」が届いた
  3. セミリタイアの記録

    家財保険の調査員が来た
  4. ライフスタイル

    おけいはん ふたたび
  5. セミリタイアの記録

    ついに禁断の「ネガフィルムスキャン」を始めた
PAGE TOP