新たな仕事探し

ハローワークに行って来た ~認定日~

本日は初の”認定日”ということで、またまたハローワークに行って来ました。【認定日】というのは、現在も引き続き失業中であること、そしてこの1か月間ちゃんと求職活動してましたよ、ということをハローワークに認定してもらう日。この作業があって初めて失業給付を振り込んでもらうことができるのです。よく生活保護をもらってる人が、手当をもらう日を『給料日』と呼んでるという話を聞きますが、まあ失業保険をもらう身としても月に1回の『給料日』みたいな感じですかねー。タイトル写真は順番待ちの受付票ですが、真ん中に『失業認定』と書かれているところが涙を誘います(笑)

認定日は、同じ日にたくさんの人が集中しないよう、人によって異なる日が指定されています。それでも指定の13時少し前にハローワークに着いたら、すでに25人待ちでした(!) 次回はもうちょっと早く行くことにしよう。イスに座って待つこと40分ほど。窓口に呼ばれます。すでに書類は全部記入済みなので、それほど時間はかかりませんでした。

前回の認定日(または初回登録日)から現在までの間に、アルバイト等で収入を得ていないか、どんな求職活動を何回行ったか、などをかなり細かく記入します。なお、アルバイトや内職は禁止という訳ではなく、収入があった日数分は失業保険の基本手当が”先送り”されます。トータルでもらえる金額が減るワケではないので、正直に申告することが大切です。あとで揉めたら大変なことになりますからね。まあ、私は今のところ家で遊んでいるだけなので、全く問題はありません。

求職活動は、認定する期間ごとに2件以上必要です。ハローワークの講習会も「1件」に数えてくれるので、実質あと1件あればOK。私の場合、ハローワークとDODAで5社も求人に応募しているので楽勝です。そのわりに手応えが何もないのがイタイところですが。

これで通常だと、あとは給付金が振り込まれるのを待つだけとなるわけです。ただ~し、それは人員整理や倒産など『会社都合』で失業した人の場合。私のように『自己都合』で勝手に会社をやめた場合は【3か月の給付制限期間】があるので、まだまだお預けです。3か月後の12月17日に次の認定日が設定されていて、そこでめでたく再度認定されたら初めて150日分の基本手当がスタートするというルールになっています。つまり私の場合、最短でも年内に振り込まれるかどうかギリギリということですね。

ちなみに、定年退職した人であっても『自己都合』と同じ扱いになるみたいですよ。なんとなく変な感じもしますが、定年になる日はあらかじめ分かってるんだから、十分準備する時間はあるでしょ?ということらしいです。

3か月後の次の認定日までに再就職が決まってたらいいんですが、今の感じではかなり怪しいですね。なんせ5社も応募して、まだ1社も面接の連絡が来ません。全部書類選考で落っこちたということ!? 50代の再就職は、想像以上にキビシイですね~。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 家財保険の調査員が来た
  2. やむを得ない理由で(?)ウォーキングを再開!
  3. 京阪電車で「おけいはん三昧」
  4. クレジット&デビットカード活用法(1)
  5. なんとなく情緒不安定
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. 新たな仕事探し

    A社から採用内定。結局受けることにした。
  2. セミリタイアの記録

    絶対おすすめの本 ~その1~
  3. 新たな仕事探し

    『雇用保険説明会』に参加してきた
  4. セミリタイアの記録

    おすすめの本 ~その2~
  5. ライフスタイル

    おけいはん ふたたび
PAGE TOP