早期退職後の仕事

再就職活動 第1部は「撃沈」

昨年の秋、再就職活動を行ったときの情報源は主にDODAでした。「面接確約オファー」というのが次々入って、面接を受けましたが…3つ続けて落ちたところでいったんストップしました。

IT関連企業をターゲットに「開発がやりたい」「正社員で」と強気に行ってみたものの、さすがに甘くはありません。撃沈でした。

私の場合、趣味も仕事もパソコン関連で、今の会社でも社内ツールを作ったり、開発プロジェクトに入ったりという経験はあるのですが、所詮はユーザー企業なので、プロのプログラマーではありません。(どちらかと言えば、仕様書書いて発注するほうです)

人様にお金を出して買っていただくようなソフトウェアを開発した経験はありません。その意味ではやっぱり「未経験」なんですよねー。

「未経験歓迎」の会社はあります。「中高年歓迎」の社もあります。でもそれは『20代の未経験者』か『経験豊富な50代』がほしいという意味なんですよね。面接3つ落ちて、ようやく気づきました。

アマチュアに毛の生えたような50代のおじさんプログラマーに、時間をかけて教育してくれるような奇特な会社は、なかなかないようです。ちなみに【中高年】【50代】歓迎と書いているのは、COBOLが書けるエンジニア(通称:コボラー)が不足してるからだとも教えてくれました。未だに銀行とか生保とか金融関係のシステムでは、COBOLが結構現役なんだそうです・・

ま、せっかくセミリタイアするのに、開発部門でバリバリ働くってどうよ?というのもあり、ちょっと頭を冷やしまして、今の会社から籍が抜ける8月以降に再度トライすることにしました。ハローワーク通って、失業保険もらってみるのも悪くないかと…。全額もらえば、失業保険は117万にもなるようです。

もうちょっと視野を広げて探します。まあ、朝から晩までパソコン触ってても苦痛じゃない人間なので、社内ヘルプデスクとか、PCキッティングとか、あるいはデータセンターとかそっち系がいいのでは?と思い始めてます。

そうなると契約社員とか派遣とか、そんなイメージですよね。本格的に「株」にも取り組むつもりですけど、それでもまあ月に20万ぐらいは給与収入がないと苦しいかな? 逆に言えば、それで十分なんですが…。

8月以降の「職探し」、これが大きなテーマの1つです。これも同時ドキュメントで、できる限り隠さずこのブログで報告します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイア後の仕事はどうしよう?前のページ

家族の説得も、アーリーリタイアの重要なテーマ次のページ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP