セミリタイアの記録

会社から「源泉徴収票」が2枚送られて来た

先月まで勤めていた会社から封筒が届いたので、「やっと、離職票がキター」と思って開けてみたら【源泉徴収票】だった。しかもなぜか2枚!

会社を辞めて、これ以上お給料をいただくことはないので、年末でもないのに「源泉徴収票」が届いたのは分かる。だけど、なぜ2枚? 退職に向けていろいろ情報収集していたつもりだったけど、これは知りませんでした。まあ、来年2月に確定申告さえすれば、それほど大きな問題ではないのですが・・。

毎年、年末に受け取る「源泉徴収票」。おなじみのフォーマットですが、下のほうに【乙欄】というのがあるんですね。現役サラリーマンの頃は、みなさん乙欄に○印の入ってない物(=甲欄)をもらっているはずです。今回会社から送られてきた2枚の源泉徴収票は、1枚が乙欄に○印あり、もう1枚が○印無しでした。

甲欄と乙欄って、何がちがうの?

甲欄 ・・・ 社員が提出した「扶養控除等申告書」に基づいて計算したもの
乙欄 ・・・ 「扶養控除等申告書」の提出がない人への給与を計算したもの

⇒ 今回で言えば、退職後に支給された給与が「乙欄」として集計されている

私の場合も、もちろん年末調整のときに翌年の「扶養控除等申告書」は提出していましたが、それは会社の退職とともに効力を失うことになるそうです(まあ、そりゃそうか)。7月末で会社を辞めたので、当然7月の給料がラストだと思っていたら、8月の給料日にも結構な金額が「給与精算分」として銀行に振り込まれたんですね。その退職後に支給された金額がそのまま「乙欄の源泉徴収票」になっていました。

ちなみに、年内に再就職した場合は「甲欄の源泉徴収票のみ、新しい会社に提出して下さい」と書かれています。年末調整に引き継がれるのは、こっちだけなんですね。乙欄の源泉徴収票は、来年2月の確定申告で使用することになります。

最後にあまり役に立たない情報をひとつ。甲欄と乙欄では、所得税の徴収率が全然違うんです! 単純に、給与支給額に対する税率で言うと、扶養家族が2人いる私の場合、甲欄では約12.4%であるのに対して、乙欄ではなんと38.7%も所得税を徴収されています。仮に独身だとこうなってるってこと? いや、年金とか健保とか社会保険料も控除されないとこの税率になるのかな・・?

まあ、いずれにしても確定申告してイチから計算し直せば払いすぎていた分は戻ってくるので、乙欄を適用されたから損をするとか、そういう類いの話ではないんですけどね。あまりにも税率が違うのでビックリしてしまいました。

それにしても、まだ離職票来ないよ~。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 8月の「おけいはん」
  2. 家財保険の調査員が来た
  3. ある意味これが”本音”の面接かも?
  4. 関西に『KYK』(豚カツ)あり!
  5. たまには食べ歩きの記事でも・・東京・蒲田の名店『テラス・ドルチェ』
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. 資産運用/収益プラン

    【資産運用ログ】私が参考にしているコラム
  2. 資産運用/収益プラン

    【資産運用ログ】 ディフェンシブ銘柄をいくつか仕込んだ
  3. 新たな仕事探し

    ハローワークの『初回講習』に参加した
  4. セミリタイアの記録

    厚生年金から国民年金への切替手続き
  5. 資産運用/収益プラン

    クレジット&デビットカード活用法(2)
PAGE TOP