資産運用/収益プラン

退職金 特別定期預金を巡る攻防(後編)

銀行の窓口に退職金定期を作りに行ったら、あれこれ要らない商品をいっぱい勧められるんだろうな~と予想していたこともあって、タイトルに【攻防】なんていう強い言葉を使いましたが、実際はそれほどでもありませんでした。以下、報告です。

退職金はこの銀行(近畿大阪銀行)に直接振り込まれました。退職金定期にするには、いろいろ証明書が必要かと思って「支給明細書」やら「退職所得の源泉徴収票」やら持参したのですが、通帳の摘要欄にある『タイショクキン』の文字だけで事足りたようでした。ただ、他行に振り込まれた退職金を移し替えた場合は、やはり何か書類が必要になると思います。

もともと総合口座(普通預金)を持っていて給与振り込みもしている状態で、”定期預金を追加”する形だったので身分証明書も必要なければ、なんと書類の記入も不要でした。コース名と金額を伝えたら、窓口のお姉さんが端末をたたいて出てきた紙にサインするだけ。今どきの銀行はハンコさえ押さなくていいんですね~。(定期預金口座の印鑑は、普通預金と共通になりますとの説明はあり)

ただし、退職金定期を申し込む人はあまりいないのか、窓口のお姉さんは不慣れな感じで端末入力に大苦戦でした。操作が分からなくなっては「少々お待ちください」と合計5回ぐらい店の奥に引っ込んでました。「スミマセン、お急ぎではないですか?」「いえいえ、仕事辞めてきたんで時間ならいくらでもありますから。ゆっくりどーぞ。」なんてやりとりしてました。こういうときセミリタイア人間は無敵ですね。でも、苦労してたなぁ。ホントにあんまり利用する人いないのかも。

予想通り「マネープランご相談シート」という簡単なアンケートは書かされました。株式や投資信託、外貨預金など投資の経験はどれぐらいあるか? 安全性と収益性のどちらを重視するか? とか、まあよくあるやつです。それを見ながら、窓口のお姉さんが優しく話しかけてきます。

「定期預金以外に、運用とかお考えではないですか?」「んー、株と投信は、全部ネット証券でやってるんですよね~。こちらの投信プランも見ましたけど、どうしても購入時に手数料がかかるので、もったいないと思っちゃうんですよねー」「そうですか・・・」

それ以上は、食い下がってきませんでした。

「外貨預金の経験もありなんですね」「はい、でも今はやってないです。為替は予想できないですね。少し損もしたので、もうやらないつもりです。まだ、株のほうがね」「そうですか・・・」

続いて出てきたのが、『安心たいこ判2』という【外貨建て個人年金保険】のパンフレット。「変額保険はちょっとね・・」「いえ、これ定額の保険なんですよ」「???」

※資料があったのでリンクを貼っておきます。
安心たいこ判2(米ドル・ユーロ・豪ドル) 通貨指定型個人年金保保険
第一フロンティア生命のプレミアカレンシープラス2

なるほど、よく考えられた商品ではありますね。外貨での利回りは加入時に決まり、変動しません。つまり満期の際に「受け取る外貨の額」は一定なんです。だけど、円で考えればもちろん為替リスクはあります。それに対しては、あらかじめ「円換算の目標値」を110%とか115%とか決めておいて、思わぬ円安で円換算で目標値に達したらその時点で円建ての終身保険に移行する・・・それ以降は為替リスクは無くなるという仕組みです。

でも、定額商品だけあって、残念ながら利回りはそれほどでもないんですよねー。10年なら原資の増加が28.8%(1年あたり約2.9%)、5年だと11.8%(1年あたり約2.4%)です。これで為替リスクを背負うのはちょっとイヤかな。少し円高に振れると運用益が吹き飛んでしまいそう。

それよりもっと根本的な問題があって、セミリタイア民は10年後にまとまったお金が欲しいんじゃないんですよね~。60歳からは会社の年金、65歳からは厚生年金が受け取れるわけで、『そこまでをどう食いつなぐか』『手持ち資金を極力減らさずに生きるか』が課題なわけです。だからこの年金保険は、求めてるものとはアプローチが逆な気がします。いま1000万円預けたら、これから5年間とか10年間とか毎月分配金が出て、トータルで1200万円ぐらいもらえる商品があれば考えます。それって個人年金か・・でも、54歳じゃ個人年金はまだ受け取れないんですよ!!

お姉さんには「パンフレット読んでみますね~」ということでお茶を濁して終了。あ、あと最後に医療保険も勧められたけど、「20代で入ったガン保険に入院保険の特約付けてるので、たぶんこれより安くならないですよね?」と切り返してやりとりは終了。目的である定期預金の通帳を受け取って店を後にしました。

窓口のお姉さんは、とても感じよかったですよ。好みのタイプだったし、もっとお話したいぐらいでした(笑)。考えてみれば、最近銀行へ行っても窓口で話をすることあんまりないですもんね。おそらく定期を解約する3か月後にも、同じぐらいあれやこれや勧められるんでしょうな。まあ、仕方ないですね~。それがお仕事ですから。

投資信託や外貨預金は、話に出てくることを想定してたので無問題でしたが、外貨建て保険は少々意表を突かれました。思わずじっくり資料に目を通してしまいました。条件に合う人にとっては、悪い商品ではないかもしれません。

利息がいいからと言って、3か月ごとにいろんな銀行の定期預金に移し替えていくのは、さすがにストレスかもしれませんねー。毎回窓口でこんな感じのやりとりをすることになるわけで・・。10月末に、次をどうするかは考え中です。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 家財保険の調査員が来た
  2. Yahoo!ファイナンス『投資の達人』を5か月モニタして
  3. 退職金の受け取り”準備”をした
  4. 退職金 特別定期預金を巡る攻防(後編)
  5. 8月の「おけいはん」
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

にほんブログ村

  1. 国内旅行

    そのうち「乗り鉄」としての本性も・・
  2. 新たな仕事探し

    ついにハローワークデビュー!
  3. 国内旅行

    急行『宗谷』の写真が出てきた
  4. 資産運用/収益プラン

    【財産運用ログ】 iDeCoの残高が大変なことに・・!?
  5. 資産運用/収益プラン

    【資産運用ログ】私が参考にしているコラム
PAGE TOP