セミリタイアの記録

「肩書き」とは何だろう?

今は大学に勤めていることもあり、ときどき学生に間違って「○○先生」と呼ばれることがあります。教員ではないので、その呼称は正しくないんですけどね。

なんだろうなぁ。「○○先生」と呼ばれるとなんともむず痒い、バツの悪い気持ちになります。「さすがに、先生と呼ばれるような人間じゃないな」と感じるからだと思います。

でも、そう言えば、早期退職する前の会社では「○○副部長」とか「○○担当部長」とか、私ももったいをつけた肩書きで呼ばれてましたっけ。一応、辞める前は管理職でしたからね~。

『肩書き』って何なんでしょうねー。長い年月をかけ、職場で積み上げたスキルにはプライドがありましたけど、肩書きっていうのはあくまで”社内限定のお約束”。よく退職後の面接で、「前の会社では”部長”を務めておりました・・」と言って墓穴を掘る人がいるそうですが、まさに会社を辞めてしまえば、何の意味も為しません。

大きな組織では誰かが「まとめ役」を務めなければいけないので、管理職というポジションが必要なのは分かりますが、それってあくまで期間限定の称号に過ぎないんですよね。会社を飛び出してみると、よく分かります。どんな役職を経験していようが、外の世界では「へえ~、それで?」となるだけですから。

サラリーマンは、勘違いしないよう、そこの辺りよくよくわきまえたほうがいいと思います!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

結局、上がるのね・・前のページ

久々の更新次のページ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP