資産運用/収益プラン

プロに任せるのも「有り」なのでは?

今週は、平日の昼間が自由になるというので、空売りを絡めてデイトレードに近いことをやってみました。相場の動きを見ながら一喜一憂というやつですね。その結果、ほんの少しの利益は残りましたが、どっぷり疲れました(苦笑)

まあ、シロートに相場の先が見通せる訳もなく、ここにこんなに労力をかけるのは不毛ですね。あらためてそれが分かった1週間でした。そう考えると「ウェルスナビ」「楽ラップ」のようなロボアドバイザーや、「ひふみ投信」のようなアクティブファンドに任せるという判断も有りなんじゃないでしょうかね?

最近欠かさず動画を拝聴している、元ウォール街のトレーダー・高橋ダン氏は「高い手数料を取るロボットアドバイザーに資産を任せてはいけない!」といつも言っていますが、それはご自分がプロだからだと思いますね。やはり運用のプロならではの情報源やアルゴリズム、経験則があるわけで、そのために年間1%の手数料を払っているのです。

例えて言うなら、自分の住む家を建てるとき「今は、建築資材も工具もネットで安く買えるから、業者にまかせるのはもったいない。絶対DIYでやるべき!」と言ってるようなもんじゃないでしょうか。ちょっと例えが強引すぎ!?

でも、そんな感じだと思うんですよ。真似ごとは出来ても、プロと同じ仕事はできない。自分で直接やる運用は、あくまで趣味の範囲にとどめるべき。問題は、仕事のできるプロか、できないプロかを見分ける目を養わなければいけない。これがまた、結構難しいんですが・・。

あとは保険と同じように、その人に本当に適した金融商品を紹介するマッチングの仕事が重要ですね。それがFPさんの役割になるのかな~。あとはやっぱり、日本でも学校で資産運用について教育するべきです! 小学校はちょっと早いか、高校生ぐらいかな? 必修科目にすべきだと思いますよ~。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

iDeCoとウェルスナビの好調続く前のページ

FIREのその先次のページ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP