資産運用/収益プラン

~資産運用~もう1つの柱は「ひふみプラス」

さて、早期リタイアとはあまり関係のないタイトルが続いてしまったので、話をちょっと元に戻しましょう。

先日は、国内中小型株を中心とした短期取引の指針となる「ザイナス」の有料メルマガを紹介しましたが、資産運用のもう1つの柱として考えているのが投資信託です。やっぱり”資産運用すべてを株で”というのは、ちょっと荷が重いので、いくつかの投信も組合せたいと思っています。

数ある投資信託の中で、いちばん期待しているのが「ひふみプラス」です。すでにあちこちで注目され、かな~り有名になってしまった感はありますが、今回は『ひふみプラス/ひふみ投信』にスポットをあててみたいと思います。

2012年5月末にひっそりと(?)始まった「ひふみプラス」の先週末の基準価額は41,979円! スタート時は10,000円ですから、この6年弱で4.2倍になったということです。アベノミクスの恩恵があったとは言え、すさまじいパフォーマンスですよね~。もし、最初に1000万円投資していたら、残高4200万円ですよ。税金もスゴいことになるけど…(笑)これだけで、将来に向けた蓄財完了ですよね。

実は私、ひふみプラスが始まったときを覚えてるんです。「ひふみ」なんてふざけたネーミングの投信だな~と思って、とても印象に残っているもので。(最近は、ひふみんこと加藤一二三九段のお陰でよく聞く言葉になりましたが)知っているだけでなく、途中3回ほど購入もしているんですよ。それがまた買ったらパーンって上がるもんだから、つい嬉しくなってすぐに売ってしまって。もっとじっくり育てておけばよかった…。ま、投資っていつもこんな感じです。

それでも、意を決して2月上旬に購入した500万円がすでに+30万まで来てます。日経平均やTOPICSのもたつきとは比較にならない成績です。投資信託では、国内は「ひふみプラス」をメインに、あといくつか米国株やインド株など海外に投資するのものを組み合わせていきたいと考えています。

ここまでパフォーマンス中心の話になりましたが、私が「ひふみプラス」を応援している理由はもう1つあります。それは “ひふみ”の運用責任者であり、会社の代表取締役でもある藤野英人さんの【人間的な魅力】です。単なるカリスマトレーダーにとどまらない不思議な魅力を持った人なんです。

つづきは項を改めます。

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

『幸せの確率』を読んでみた前のページ

『ひふみプラス』のカリスマトレーダー藤野さんのこと次のページ

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

にほんブログ村

PAGE TOP